企画展

Tomide展 Ⅴ『PAINT IT,GOLD Ⅳ』

開催期間 2018-11-06~2018-12-02



イラストレーターとして物を見る眼力とそのものを削ぎ取る技法は対象を見る眼の確かさを感じさせる。

スクラッチ手法による動物シリーズは単純な線と色で構成されているが、そのフォルムからモノの本質を見つける力量を評価して頂ける作品が今回も進化して表現されています。


paint it,gold Ⅳ

いつものことがいつものように過ぎていけば
幸せなんだろうけど
ふと立ち止まってみてふりかえる
いつもと反対の道を通って帰ってみたり
空だけを一日眺めるだけの日だって欲しい
そのとき風も吹いていたら最高だって思う

ただ、白だって黒だっていい
夜になろうとする空のように
しずかでおだやかでいられたら

いつの頃からか、どうしてか立体の物が面で見えてくる
面のふちを線で描くことはもうずっと前から
やっていて、出来上がった作品の線はなんとなく
ゆれたような、どこかくすぐったいようなそんなものになる

見た物全てを切り取り
線の世界に引き込まれる

金色の世界と

ざらっとした面により
現れるgoldの線
光の反射で見え隠れする動物たち
個性的なフォルムと質感で私の心を奪う
存在する事のうつくしさを教えてくれる

Tomide


デレック ラーセン 陶展

2014-07-15~2014-08-03

大島尚子作品展Ⅲ

2014-03-11~2014-04-06

久世光恵展 Ⅲ

2013-10-22~2013-11-10