企画展

柞磨祥子 展Ⅲ“stream-2”

開催期間 2019-08-14~2019-09-08

http://www.shoko-taruma.com/about-eng/


“stream”は歴史の「流れ」、流体の「流れ」。


歴史を持つものを漆でつなぐことをテーマにした作品を展示



 

昔から日本人が自然の中で培ってきた美意識の一つに、「闇」の中で美を見出す美しい感性があります。暗がりのある日本家屋、乏しい光の中における効果、ともし火を反射する加減を考慮した漆器の肌、幾重もの「闇」が堆積したような色使いなど、その美意識は「陰翳礼讚」と呼ばれています。柞磨祥子はその影響を受けて、京都に拠点を構え、古き良き「陰翳」の概念から現代の流れを具現化した現代美術の作品を発表しています。

 

As one of the senses of beauty that Japanese have fostered aligned with the principles of nature since old times, there is the perception of finding beauty inside the "darkness." Traditional Japanese houses that have a certain dimness, the effects that can be created in poor light, the surfaces of Japanese lacquer wares that have been created considering how the light of a lamp reflects on them, a use of color that seems as if several layers of "darkness" overlapped. This sense of beauty is called the "worship of shadows." Influenced by this and moving around Kyoto, Shoko Taruma announces works of contemporary art that realize the flow of the present based on the well-tried principle of "shadow."

 




 




ガラス作家 グループ展Ⅱ

2020-11-21~2020-12-13 【予告】

高橋まき子展 Ⅴ
パートドヴェールの世界

2020-04-21~2020-05-17 【予告】

野村佳代 作品展Ⅱ

2020-03-24~2020-04-19 【予告】

あおきさとこ個展Ⅲ

2020-02-22~2020-03-22 【予告】

中田恵子 漆展(仮称)

2020-02-04~2020-02-16 【予告】

野上徹 作品展Ⅳ

2019-11-06~2019-11-30 【予告】

Tomide展 Ⅵ
『PAINT IT,GOLD Ⅴ』

2019-09-18~2019-10-14 【予告】

柞磨祥子 展Ⅲ
“stream-2”

2019-08-14~2019-09-08