企画展

筒描染toko. 展 デザインのもしも- Aoki Satoko solo exhibition textile & design -

開催期間 2017-05-16~2017-06-11

青木 聡子 Aoki  Satoko 

■学歴

1986 広島県生まれ

2010 広島市立大学 芸術学部 デザイン工芸学科 染織造形専攻 卒業

2012 広島市立大学院 博士前期課程 芸術学研究科 造形計画専攻 染織造形領域 修了

2012-2014 広島市立大学 芸術学部 デザイン工芸学科 染織造形専攻 非常勤助教

      文化服装学院 広島校 アパレルデザイン科 非常勤講師

2014〜 京都に拠点を移す

 

■受賞歴

2011 「 広島KAZARU展 」 頼山陽史跡資料館 広島市教育委員会賞 受賞

2012 「 第15回広島市立大学芸術学部卒業・修了作品展 」 広島市立大学 修了制作優秀賞 / 作品買上

2012   「 第67回新匠工芸展 」 東京都美術館・京都市美術館別館 佳作賞 受賞

2013   「 京都美術ビエンナーレ 」 京都文化博物館 朝日新聞社賞 受賞

2013 「 広島KAZARU展 」 頼山陽史跡資料館 奨励賞 受賞

2016 「 京都文化ベンチャーコンペティション 」 京都府知事賞 優秀賞 、くろちく賞 W受賞

 

2013 「 次世代工芸展 」 京都市美術館別館 全3点入選

20112013 「京展」 京都市美術館 入選

 

■コレクション先

「 仕立屋筒衣ひらひら図屏風 六曲一隻 」/ 2012 広島市立大学 芸術資料館 収蔵

「 ふかふか屋さん 」半立体作品 /  2012 五日市記念病院 収蔵

「 南区7大伝説スイーツ 9種×2 」羊毛フードモデル /  2014 広島南区役所 収蔵

「 丹波八景プロジェクト -タンバ八景- 」水彩画 / 2016 内藤印刷株式会社 収蔵 

「 もくもくをかてに 」「 シャツSサイズ 」平面作品、半立体作品 / 2012 個人蔵

「 叶や 12ヶ月 三枚暖簾 」/ 2011 「 四季の二枚暖簾 」/ 2013 「宮島二枚暖簾」/ 2013

「 はつかいす 」  個人蔵 他多数





 about toko.

デザインから一点モノの手染まで 

1人の作家の手によってつくられる世界感をカタチにするブランド。

染は「 つなぐ 」をコンセプトに、柄は 染道具の tsutsu – を用い、線一本一本を絞り出しながら、らくがきをするように自由に描き続ける手法で染めていく。

ほぼ下書きなく手描きしていく終わりのない線画が特徴的。

絵本を読んでいるうちに メッセージが伝わるような

愉しく ココロに響く ものづくり 」を日々妄想している。


exhibition concept

染色家 手描きデザイナーである青木 聡子の、今回はデザイン画(水彩)を中心とした展覧会。(水彩画や原画の展示は初めてです)

  • デザインから生まれる布のカタチ(手染の傘、暖簾等)も数点展示し、作品ができるまでの様子(流れ)が見える展示。

  • 新しい試みでは、京都の懐紙専門店 辻徳さんとコラボした「デザイン画(リピート柄)の展示」、京都伝統の西陣織ネクタイをつくられているNEKADOさんとのコラボで「toko.の柄を西陣織した絹地」を発表予定。(その布地を使ったネクタイ等も一緒に展示予定)

  • “手描き”から生み出される終わりのない線画の可能性を広げ、紙に布に、様々な「あったらいいな」をデザイン。絵本の中のような、もしものわくわくをお楽しみいただけると幸いです。 


https://www.facebook.com/toko.tsutsugakiya
http://sometoko.com


岸野由美恵 作品展Ⅴ

2017-10-03~2017-10-29